« 桐光学園23ー0百合丘高校こんな感じか | トップページ | フランス流豊かな暮らし »

2017年7月16日 (日)

貧女の一灯お照の墓2

天野の里のホームページによると下記の様な内容です。
高野山の奥の院に千年近くの間、光輝いている「貧女の一燈」と言われる
燈籠があります。
お照という少女が、自分の髪を売った金で養父母の菩提を弔うために献じた一燈です。
お照はその後、ここに庵を結び養父母の菩提を弔いつつ生涯を終えたと伝えられています。
天和二年(1682年)妙春尼により供養塔が建てられ、貞亨五年(1688年)天野の郷供僧、淨意が女人の苦しみを救うために、代受苦の行を十年間勤め、ここに碑が建てられました。

« 桐光学園23ー0百合丘高校こんな感じか | トップページ | フランス流豊かな暮らし »